歯科医院で一番多い症状

歯科医院といえば、虫歯を思い浮かべる人が多いです。確かに、虫歯の患者さんは毎日多く訪れますが、それ以上に多いのが歯槽膿漏の患者さんです。日本人場合、成人の8割が歯槽膿漏にかかっていると言われるほどの国民病です。痛みがないままに進行する病気なので、歯科医院に来て初めて歯槽膿漏だと気づく患者さんもいます。歯科の歯槽膿漏の原因は、いくつかあります。一番多いのが、歯磨きの磨き残しを細菌が分解して作り出すプラークです。歯茎が腫れ、歯を支える骨を溶かしていくので、大きな原因になっています。プラークは歯ブラシで落とすことができますが、歯石になってしまうと歯ブラシでは落とすことができず、歯科医院で専用の器具を使う必要があります。また、歯槽膿漏の原因には、他にも、噛み合わせや歯ぎしりと言った癖が加わります。歯に汚れが付いて、細菌が多く繁殖する中で、歯ぎしりなどの刺激が加わることで、症状はどんどん進行していってしまいます。放置していても自然に治ることはないので、歯科医院に行って治療を受ける必要があります。お口の中を清潔にして、原因となる歯ぎしりなどを緩和することで、症状の進行をゆっくりしていくことができます。

↑PAGE TOP

Menu