歯のトラブルを防ぐ

歯科の歯槽膿漏の原因

予防歯科で健康な歯を保つ

予防歯科とは口腔内を健康に保ち、歯周病などのトラブルを未然に防ぐ事を言います。毎日の歯みがきはもちろん重要ですが、定期的に歯科を受診し、歯石取りや口腔内のチェックなどプロによるケアを受けることも重要です。自分の歯で美味しく食事をし続けるためには予防歯科は不可欠です。自己流のケアだけではなくプロの手を借りて口腔トラブルの予防、早期発見・早期対応に勤めることが自分の歯を守ることに繋がります。虫歯がなくても定期的に歯科に行って下さい。

歯科に行く事のすすめ

本来、歯科は怖い痛いのイメージがあり、よほどのことがないかぎり行かない場合が多いですが、最近の虫歯の治療も痛くありませんし、自分の歯で一生食べたいですよね。日頃のケアも間違ったやりかたをして、歯茎や歯に負担をかけた磨き方をしているものです。一度歯科に行きチェックしてもらうことをおすすめします。虫歯だけではなく、歯石や歯垢もとってもらうとすっきりしますし、歯周病の予防にもなります。なにもなくても、歯の状態をみてもらえます。

↑PAGE TOP

Menu