歯槽膿漏治療でかかる費用

歯科で必要となる歯槽膿漏治療費

歯科で歯槽膿漏治療に掛かる費用

歯科では、歯茎が炎症を起こして腫れており、しかも膿が出ている状態を歯槽膿漏と診断します。日本では40歳以上の約80%が歯周病と推定されていますが、歯槽膿漏を放っておくと歯を失うリスクも生じます。歯槽膿漏の治療には様々な種類があり、歯科での治療期間もケースバイケースです。基本的に健康保険が適用されますが、使用する素材や治療方法によっては、適用外になる場合もあります。そのため前もって、通院期間と治療費の目安を問い合わせておくと安心です。歯槽膿漏で歯科に必要となる治療費は、骨や歯茎の再生治療を例に挙げると、CTGと呼ばれる結合組織移植術では50,000円前後から、FGGという遊離歯肉移植術も同様におよそ50,000円からです。APFという歯肉弁根尖側移植術が行われる場合もありますが、やはり歯科に掛かる費用は最低でも50,000円からです。またこの価格は、一つの歯に対しての価格です。再生療法の場合は、エムドゲインとGTRの併用や骨増生の治療が行われ、完治するまでに時間が掛かります。治療費はクリニックによって異なりますので、事前に治療費の相談をしておくことが望ましいです。尚、歯槽膿漏は早めの治療の方が、費用は安くなります。

↑PAGE TOP

Menu