歯槽膿漏にある症状

歯科の歯槽膿漏の症状

歯科で一番多い症状です

歯科医院で一番多い症状は虫歯ではなく、歯槽膿漏です。歯槽膿漏は、歯周病とも呼ばれ、初期の段階であれは歯茎の腫れが特徴的な症状です。歯を磨いた時に出血するようであれば、歯茎が腫れている証拠です。痛みはありませんが、放置していても自然に治ることはなく、どんどん進行していってしまいます。歯科医院では、来院した患者さんに対して歯のチェックと共に歯茎のチェックを行います。自分が歯槽膿漏であるという自覚を持つ患者さんは意外と少なく、気が付いた時には重症化していることも珍しくありません。歯科医院では、症状に合わせた治療を行います。初期は歯茎の腫れだけなので、歯磨きの指導と歯石の除去を行います。中度になると、歯茎だけではなく、歯を支える骨が溶かされてしまいます。重度になると、骨がなくなり、歯はグラグラの状態になってしまいます。歯科医院の治療を行っても、溶かされた骨を元に戻すということは難しいです。お口の中を清潔にして、歯槽膿漏にならないように予防することが大切です。歯槽膿漏になったと思ったら、すぐに歯科医院を受診して、歯石除去などの治療を受けましょう。早く治療を開始することで、歯を残せる可能性が高まります。

↑PAGE TOP

Menu